小学校へつなげる保育園とは その1

  • 2019.01.26 Saturday
  • 23:24

手前味噌になるが、僕が担任をすると学力がポン!と上がる。

東京都の教員時代、某区の学力テストでは国算ともに常に上位だった。

高松で教員を一年したが、ある学年の算数を担当したところ、半年教えただけで平均点を10点近く引き上げた。

(どちらも子どもの能力が元々高かった!?笑)


けれど!!

僕は全くガリ勉くんガリ勉さんを育てたいとは思っていない。


現代の子どもたちはとても恵まれた環境にいる。好きなスポーツや趣味などの習い事をたくさんやり、親は努力が実ることを教えようとする。「好きなことに力を注ぐ」それはそれで大変良いことだ。


しかし、幸せな人生を歩むには、何事もバランスが大切。


今の子どもたちに足りないと思われることの一つに、「苦手なこと、嫌いなこと、やりたくないことに我慢強く向き合うこと」だと考える僕は、そこを伸ばすために「勉強」を格好の材料にしただけなのだ。


モノやサービスに溢れる今の世の中では、大人も子どもも自分に(都合の)良いことに気持ちが向かいやすく、負の方向に目を背けがちだと思われる。担任をしていて、好きなことにはよく努力をする、しかし苦手なことになると途端に向き合おうとしなくなる…この差の激しさに今の子の特徴があると僕は思った。


苦手なこと、やりたくないことに対して

・なぜ必要なのかを考えられるか

・いかに向き合うか、我慢強く努力できるか

・どうやって楽しみや喜びを見出せるか

子ども一人ひとりにこのような意識が芽生え、自力解決が図れるよう、全力で励ましつつ個に応じた支援をする。


ここの成功体験を積み重ねた子どもはとても強い成長の根っこが生えたことになる。勝手に強い根っこが伸び、自身をしっかりと支え、自分の力で大きく成長していく。

(長くなるので続きは次回に)



コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM