美しいことを求め続ける

  • 2019.05.11 Saturday
  • 20:40

結局僕が出した答えは、NO。

「自分が(どの子も大切で)選べないのに、どうやって友達を選べと教えるのか」

ということだった。

「どちらの子にも良さがあり、互いがそこに気づくと共に、誰にも欠点はあり、それを受け入れる寛容さと柔軟さも身につけて欲しい」

そう願い、その子たちの可能性を諦めてしまう自分がどうしても受け入れられなかった。


この頃から、僕は教師として自分のあり方、信念をかなり強く意識するようになった。子育て・教育の方向性に迷った時に、決してブレることのない、立ち戻ることのできる場所…。その大切さを認識し、いつも求めてきた。


そして今、2つのブレない想いが僕にはある。


○子どもの可能性を信じる

○美しいことを求め続ける


子ども一人ひとりの輝く未来を想像した時に、どうしてもこの2つは外せない。自分が、社会が、たとえどんなに汚れていたとしても、子どもに希望を与え続けるには、子どもに映る大人の姿はこうあるべきだ。


そして子ども自身が自分の力で輝けるようになれば、そこからは世の中に様々な汚れがあることも自分自身で感じ取り、そこで自分が天秤にかけ、色々なバランスを取りながら生きやすい方向を選択していけば良い。

「友達みんなと仲良くなっちゃおうぜ」

そんなことを担任が言っても、わかっちゃいるが、程よい付き合い方を子ども自身が探る。それで良いと思う。その選択を、敢えて大人がしてやることはない…。


子育てに答えはない。しかし、これだけの情報が溢れる社会。様々な子どもたちをみてきて、教育に携わってきて、幼く純粋な子どもたちが、超過大な刺激にさらされていることが正直恐ろしい。だからこそ、子どもが生き生きと輝いている未来を想像した時に、そこに大きな影響を与える大人として、自分のあり方に責任をもつことはとても大切なことであり、身近にいる大人が美しいこと(どんな世の中でも普遍的な価値)を伝え続けることはとても大切なことだと信じている。


僕はこれからも子どもの可能性を信じ、子どもにも大人にも美しいことを求め続け、誰もが美しく輝ける空間を、まずはこの保育園で創り上げたい。




コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM